HOME お知らせ コロナワクチンについて厚生労働省が職場での接種を検討するとの報道について
お知らせ

コロナワクチンについて厚生労働省が職場での接種を検討するとの報道について

2021.02.01

コロナワクチンについて厚生労働省が職場での接種を検討するとの報道がありました。
これは私が1月冒頭から中旬にかけ、医療機関、医師、団体などから意見を伺い県に要望していた項目の1つでもあり、全国的にこうした意見が多く寄せられていた中で運用の弾力化が図られることは率直に評価したいと思います。
また、同様にファイザー製ワクチンの1バイアルあたりの接種回数も当初5回とされていましたが、医師からは「仕様書を見れば6回の接種が可能であり、特に接種開始間もない時期にはワクチンが不足することが予想され、限られたワクチンを有効に使う為にも6回に増やすべきではないか」との意見もいただいておりましたが、1月25日開催の国の自治体向け説明会では1バイアルあたり6回と変更がなされていました。
ワクチン接種は大変な事業であり、多くの課題や混乱もあると思いますが、現場で実務に関わる方の意見を積極的に取り入れていただき少しでも効果的に接種が進むよう期待したいと思います。
そして何よりこうした課題を早い段階から認識し、改善を求めてきた関係者の方々を始め、多くの方から話を伺い、現状の理解を深めていくことが私たち議員に対して求められているのだと強く感じます。


アーカイブ